スウェーデンからの荷物が届きました。

| コメント(0)

R0014278バンクーバーオリンピックの真っ最中に、アイスホッケー熱に浮かされて注文した、スウェーデンのオフィシャル・ホッケージャージが届きました。(そうなんですよね...これを注文した直後にスウェーデンはスロバキアに負けてしまって...悔しいなぁ。)

注文した時の様子はこちら...
now and then: スウェーデンチームのホッケージャージを注文。

スウェーデンから普通の国際郵便で送られてきましたので、ナショナルカラーの黄色い包みがポストに入っていました。宛名は、ボールペンの手書き。以外とアナログです。カスタマイズ(背中のナンバープリント)もお願いしましたので、注文してからだいたい2週間強でしょうか。

R0014277包みを開けてみると...思ったより大きい。いやはっきりいって大き過ぎました。

よくよく考えてみれば、レプリカジャージですから、中に防具を着る前提のサイズで、普通の服と比べると肩幅がかなり広くできているのです。従って、普通に着用すると袖が長い!本当は要肩パッド。そして腕の部分がたっぷりしているので、着ているとなんだか腕回りが小袖の着物感覚です。

しかし、いいんです。もともと自己満足で部屋着にするつもりだったのですから。(万が一スウェーデンに行く機会があったら、着ていくかもしれません。)ジャージ地ですので、ガンガン着ることができます。ということで、さっそくダボダボさせながら着ております。3つの王冠と、スウェーデンアイスホッケー協会のマーク入りというたけでウレシイです。

でも次に買うとき(そんなことがあるのか?!)は1つサイズを落としますよ。で、結局お値段は、送料込みで日本円で8,691円也でございました。

今日はなぜか今回の購入先のショップが開けないので、スウェーデンのアイスホッケーサイトにリンク。こちらにあるオフィシャルショップから購入しました。(果たして私に続く人がいるのかどうか...)

Svenska Ishockeyforbundet

コメントする

アーカイブ

子規の一句

鮟鱇の口あけて居る霰かな

このブログ記事について

このページは、raizoが2010年3月11日に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「銀座文具の旅2010年3月:伊東屋さんでのお買い物」です。

次のブログ記事は「iPad:米国での予約受付開始は太平洋時間で午前5時半から」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。