NBA Game Time 2010-2911

| コメント(0)

snapshot-1288735003.067218.jpg昨シーズン、まずは本国米国でリリースされたiPhone用NBA公式アプリNBA Game Time。最終的に昨シーズンは日本ではライト版のみだけでしたが、今シーズンはいよいよ日本でもフルバージョンが本格的に登場しました。1,400円でございましたが、勇んでダウンロードいたしました!(基本的にはiPhoneアプリで、iPadだと大きく見えるということでは無いようです。)

昨シーズンにUS版を入れて見たときの様子はこちら。
now and then: iPhoneのNBAアプリを試す

snapshot-1288735008.039109.jpgメニューはきちんと日本語化(でも中身は当然英語)されていて、最新のビデオニュース、ゲームの結果(ゲームでの個人スタッツ、テキストによるプレイbyプレイ、ビデオハイライト)、NBA TV、特集試合のフルゲームのアーカイブビデオ(一部のみ)、テキストによるリーグニュース、TwitterのNBAのアカウントのツイート、フォトギャラリー、チームの順位などが見られます。アプリの課金金額なりも盛りだくさんな内容です。


snapshot-1288735317.495260.jpgフルゲームのアーカイブは、特集されたごく1部しか観られないのですが、私の好きなポートランド・トレイルブレーザーズと、過去に強烈なファンだったGrant Hillのいるフェニックス・サンズの試合があって、途中まで見たところ。難点は、後で続きを見たくても、最初から再生になってしまうので、自分でどこまで観たか時間を覚えていないといけないところ。それから動画の質でしょうか。動きが速いのでブロックノイズがけっこう目立ちます。


そしてこのアプリにはアプリ内課金で5,400円を支払ってiPhone用のLeague Passを入手すると、全試合のビデオを見ることができるようになります。これはどうしようかと悩み中。どうがんばっても全部の試合は観られないのはわかっているので、ひいきのチームだけの限定版などを作って欲しいところです。あとは、チーム別の細かいデータや、シーズン通しての個人スタッツを充実させていただきたいですね。

USのストアでは、無料のLite版のみのリリースで、アプリ内課金で機能追加になっているようです。Game Time Plus($9.99)がこの日本でリリースされたバージョンと同じものに、League Pass($44.99)で、フルゲーム視聴がでいるようです。ひょっとしてiTunes Storeには、去年のバージョンの方が良かったという怒りのコメントが並んでいます。昨年あったチーム毎のアプリもまだ出ていないようです。

こちらがLite版。US版と違い、無料ではなくて115円なので少し驚きましたが、試合結果のチェックや、テキストニュースなどを読むのには良いかも。こちらは試していませんが、おそらくビデオハイライトなどが観られないのだと思います。NBA Game Time Liteツꀀ - NBA

昨シーズンは、シーズン途中でLeague Passの値段が半額になったので、今シーズン値下げの確証はないですが、それを待とうかなとも思っています。

ということでひとまず。またなにか進展があったらレポートしたいと思います。

NBA Game Timeツꀀツꀀツꀀ - NBA

コメントする

アーカイブ

子規の一句

鮟鱇の口あけて居る霰かな

このブログ記事について

このページは、raizoが2010年11月 3日に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「Cath Kidsonのマスキングテープ。」です。

次のブログ記事は「井の頭池観察記(60)バンとオオバン」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。