ビルケンシュトックのサンダルをリペアに出してみました。

| コメント(0)

R00153326年前に購入したビルケンシュトックのサンダル。柄が気に入っていたのですが、足が直接のるライナーの部分にカビが生えてしまったのと、経年劣化により、表面がガサガサになってしまいました。地は白かったのですが、これまた若干クリーム色に変色。しかしこれはこれで味がでております。

初夏にビルケンシュトックのお店でサンダルを買ったとき、リペアもできると聞いていたので、ライナーの部分を張り替えてもらうことにしました。

ちなみに料金は4,200円。安いサンダルが買える値段ですね。もう少し安ければ、もっと気軽に出すのですが、この値段ですと、よっぽど気に入ったものでないと出せません。そして、お願いしたのは通常のビルケンではなくPapillioでしたので、ライナーを交換するとロゴなしになりますが良いですか?と念を押された上でお願いすることにしました。

お店に持ち込んで1か月ほとで出来上がってきました。実際にロゴがはいっていないサンダルを見ると、なんだか偽物みたいにも見えなくもなく…

でも足を入れてみますと、ちゃんとスルっと履きやすくなっています。さて、残り少ない夏ですが、さっそく履いて出かけますよ。来シーズンも頑張ってもらおう!

6年前のこと。
now and then: 花柄ビルケン届きました...など結果編

WELCOME to BIRKENSTOCK JAPAN

コメントする

アーカイブ

子規の一句

鮟鱇の口あけて居る霰かな

このブログ記事について

このページは、raizoが2011年8月23日に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「iTunesのライブラリが消えて青くなりました。」です。

次のブログ記事は「ミュージック・マガジン 2011年9月号「特集:山下達郎」」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。