今日は林檎忌:スティーブ・ジョブズ氏の一周忌。

| コメント(0)

昨年の今日、10月5日にスティーブ・ジョブズ氏がなくなった日です。いわゆる一周忌。日本のアップルのサイトでも、トップページでジョブズ氏追悼の動画とTimのメッセージを原文のまま掲載しています。

あっという間というよりは、なんだか遠い昔のような気がしています。2縲怩R年経ってしまったような感覚ですね。どうしてでしょう。それだけ喪失感があったからかなぁ。昨年の今日はどうだったのだろうと振り返ってみると…

ありがとうスティーブ・ジョブズ! - now and then
さらっとしていたつもりだったけれど、ずいぶん長々と書いていたんだなぁ。

ううむ、その前後の記事を読み返してみて思い出しました。そうでした、iPhone 4Sの発表の直後だったのでした。その後すぐにiOSがバージョンアップしてiPhone 4Sが発売されて、ジョブズ氏公認の伝記も発売されて、なんとそれがベストセラーになっちゃって、そして自分も4Sに機種変更して…と、アップル的にはジョブズ氏の死を惜しむ間もなく猪突猛進だったような気がします。

そして日本でも空前のジョブズブームが始まったわけです。ブームがあまりに過熱したので、個人的には冷めた目線で見ていたかもしれません。先日ジュンク堂に行った時も、震災本がめっきり少なくなってしまったのに、ジョブズ本はまだ特集コーナーがあったりもして、ちょっと複雑な思いもしました。

なんですかね。やはり以前に比べると、アップルに対する情熱はうっすらと失せてきているのかもしれません。自分が歳を取ってきたせいもありますが。

Timのキーノートも悪くはないのですが、あのわくわくとした感じはもう二度と味わえないと思います。そうそう、初期のQuickTimeの小さな画面で初めて基調講演を見たときは感動しました。かなり早い段階でライブ中継もしていたんですよねぇ。いまやもうストリーミングは当たり前です。

でも私はスカリーの時もアメリオの時も、ずっとMacを使ってきたんです。ベージュのMac達にも長いことおつきあいしてきました。そうですよ、Timのほうが彼らよりはずっといいと思うのです。あの時より格段に良いスタッフにも恵まれているのです。

アップルが終わりになった訳ではないし、1年経ってもこうやって公式メッセージが発表されるジョブズ氏は、やっぱりたいしたCEOでした。製品としての魅力もまだまだあります。アップル製品を使う人がこれだけ増えたのはその証だと思います。(でも、過去を振り返ると、多機種化してくると良くない始まりかも…)

今後、アップルがどこまで成長し続けるのか、ジョブズ氏の殻を破って集団挙党体制のアップルになっていくのか、全く違うアップルになっていくのか…まだその兆しは見えていないように思うのですが、やっぱりまだまだ追っかけを続けていきたいと思います。

(ああ、今回もさらっとのつもりがぐちゃぐちゃ書いてしまいました。そのままアップします。)

S・ジョブズ氏の知られざる逸話--没後1年を前にM・アンドリーセン氏らが語る - CNET Japan

Steve Jobsはアグレッシブに「いま」と向き合うことを教えてくれた - CNET Japan

天国のSteveに贈る感謝の気持ち--山元賢治 - CNET Japan

【1周忌】スティーブ・ジョブズが逝去して変わった5つのこと - NAVER まとめ
こちらは感傷ではなくビジネス的観点から…

ジョブズの命日にAppleの1年を振り返る 窶ケ CamCam
まさに追悼です。

コメントする

アーカイブ

子規の一句

鮟鱇の口あけて居る霰かな

このブログ記事について

このページは、raizoが2012年10月 5日に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「今日の気になる記事:そして明日は「林檎忌」」です。

次のブログ記事は「新しいおともだち(こけしです)のご紹介。」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。