嘉瑞工房「世界の美しい欧文活字見本帳」

| コメント(0)
正月明けからずっと風邪症状が続いていましたが、いまだに咳が残っています。しゃべりすぎるとむせるので無口になり、特に夜になるとコホコホ咳が止まらず難儀しています。

そんな状況ですが、だいぶ元気は取り戻していましたので、懸案だったMacBook Airのバッテリー交換に言ったわけですが、その待ち時間についついお買い物してしまいました。バーゲンでちょっとお高いシャツを買ってしまったり、AppleStore近くのパルコ地下にあるリブロでも本を何冊か。その中の1冊がこちら。

お店の中で最初に目についた1冊。表紙はカラフルなイメージですが、中身はいたってシンプル。今回は厳密に言うとフォントではなくて、活版印刷の活字の本です。欧文活字で有名な活版印刷の会社「有限会社 嘉瑞工房」さんによるものです。活版活字のメーカーによる、クラシックな活字見本の数々が紹介されております。とにかくフォント好きにはうっとりな内容。食い入るように見入ってしまいまして、楽しく読ませていただきました。

私はフォント大好き。これまでもそのことは何度か書いてますね。確か。そうか、前もフォント本のことを紹介したんでしたっけ。
「きれいな欧文書体とデザイン」 - now and then

いつか自分で気に入った欧文活字を使った活版印刷で、名刺とかハガキを作ってみたいなぁ。

先代の社長さんである高岡 重蔵のこちらの著書も持っています。文庫本サイズの小型本で、これもまたシンプルですが味のある本です。

「活版印刷」に未来はあるか? - Linkclub Newsletter(リンククラブ・ニューズレター)
嘉瑞工房さんと活版印刷についてはこちらもどうぞ。

コメントする

アーカイブ

子規の一句

鮟鱇の口あけて居る霰かな

このブログ記事について

このページは、raizoが2013年1月14日に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「MacBook Air (Mid 2009) バッテリー交換完了。」です。

次のブログ記事は「2012年の本の総決算(amazonマーケットプレース決算含む)」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。