「映画デビュー60周年 雷蔵祭 初恋」参戦。

| コメント(0)

雷蔵祭 前売りチケット4年半ぶりの雷蔵祭であります。今回は市川雷蔵映画デビュー60周年。毎回いろいろな○周年を作りだしているような気もしますが、今回もオマケのハガキ欲しさに5枚綴りの前売り券を買い、さっそく観てきました。

映画デビュー60周年 雷蔵祭 初恋|トップ

前の時は…
「大雷蔵祭」の5枚綴りの前売り券ゲット! - now and then
やっと大雷蔵祭参加:「浮かれ三度笠」と「濡れ髪喧嘩旅」 - now and then

雷蔵祭 前売り特典ハガキあいかわらずおばさま(自分がもうおばさまになってきたので、もうおばあちゃん世代)多数におじいちゃんが適度に混じる客層。圧倒的にオールドファンばかりで、一頃見受けられたお若い方はすっかりなりを潜めています。

ロビーでは「初公開っていうから観に来たら、みんな見たことあるわよ」と、声高に豪語する怖そうなおばさまアリ。いやいや、デジタルでの初公開なんですよこれは。

(←前売券の特典ハガキ)


で、実は既に3本鑑賞しましたが、その中では「喧嘩鴛鴦」(けんかおしどり・初デジタル化)が良かったなぁ。コメディ系ですが、共演の大河内伝次郎がいい味出してました。

雷蔵祭 パンフレットと写真集そして私もついつい浮かれ、パンフレットに加えて、このたび発売されたばかりの写真集とクリアファイル2種も買ってしまいました。


雷蔵祭 クリアファイルエレベーターで居合わせたおばさま、買ったばかりの眠狂四郎のクリアファイルを、「あらぁ」といいながらずっと眺めていらっしゃいました。かわいいなぁ。気持ちわかります!


しかしながら、角川が大映を買収して以来、角川は雷蔵コンテンツを積極的に売っていますね。どんどんDVD化されていますし、全作品がデジタル化される日も遠くないと思われます。

今回は三省堂や紀伊国屋書店など、新宿の書店の店頭でもプロモーションをしていました。さすが角川です。今はDVDを3枚買うと1枚もらえるキャンペーン中で、映画館の売店でもすでにかなり売り切れていました。

私もDVDを買うところまではなかなかいかないんですが、雷蔵祭はもう少し楽しみたいと思います。

コメントする

アーカイブ

子規の一句

鮟鱇の口あけて居る霰かな

このブログ記事について

このページは、raizoが2014年8月13日に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「iPhoneもiPadもiWatchもみんな9月なんてあり得ないのでは?」です。

次のブログ記事は「大坊勝次「大坊珈琲店」ううむ、ここでコーヒーが飲みたかった。」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。