読書灯をブックライトからベッドライトへチェンジ。

| コメント(0)

R0016662.JPG壱番館SHOPさんで、ベッドライト(「ヘ」ッドライトではありません)を購入しました。

これまで寝る前読書に使っていたのはこちらのブックライトで、愛用していて2代目だったのですが、先日ガッツリと落として壊れてしまったのでした。

ブックライト:MIGHTY BRIGHT Triple LED - now and then

R0016668.JPGベッドライトということで、ベットに取り付けて使います。自立しますので、立てて使うことも可能。ベットに合わせて挟めるようにスペーサーもついています。


R0016669.JPGパタパタとLEDライトの部分が開く他に、ねじって方向を調節することもできます。


R0016663.JPG光量は2段階。ライトの部分を閉じると、少し隙間から光が漏れるので、ナイトライトとしても使用でき、1時間のタイマーがついていて、寝落ちでライトがつけっ放しということも無くなります。


実質は据え付けですので、これまでのブックライトとは使い勝手がだいぶ違いますが、光量は充分です。だた、当然ですが光源から遠いと当然暗くなります。広範囲に明るくなるという製品ではありませんので、本を読む体勢は、ライトの光が当たりやすいポジションにある程度制限されますが、これまではライトを本にはさんで使っていましたので、どちらが良いかということですね。これも慣れでしょう。

電源アダプターで電源を取りますが、OFFの際に待機ランプが気になるため、手元スイッチ付きの延長コードを買ってきて、電源コードを抜かずとも完全OFFにできるようにして毎夜使っております。

最近は寝る前読書というよりは、寝る前にほぼ日手帳に日記を書いています。10日ぐらい続いているかな。三日坊主はクリアしました。

コメントする

アーカイブ

子規の一句

鮟鱇の口あけて居る霰かな

このブログ記事について

このページは、raizoが2015年2月13日に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「永幡嘉之「大津波のあとの生きものたち」」です。

次のブログ記事は「トマ・ピケティ「21世紀の資本」〜読み終わりました!(泣)」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。