iPad Pro:カメラの出っ張りが気になるなぁ。

| コメント(0)

iPad Pro 10.5 VS iPad Air 2
10.5インチのiPad Pro、もちろんさっそく使ってみました。これまでのiPad Airと比べるとこんな感じです。iPad Airには保護フィルムを貼っているのでディスプレイは一概には比べられませんが、Proのほうがより白っぽく明るく見えます。

アイコンはもう少したくさん表示できるのかなと思ったのですが、並んだ数とアイコンの大きさはほぼ同じ。アイコンがまばらに並んでいるだけなんですね。なーんだ。


iPad Pro 10.5 VS iPad Air 2でも画面が大きくなったのはいいです。表示範囲も1割り増し程度広くなった感じがします。家の中のいろんなところでちょこちょこネットを見たりするのに重宝します。Zipロックに入れて風呂iPadもできます。

デバイスが最新になったがゆえ、これまで入れっ放しだった古いアプリのいくつかはもう使えなくなりました。ほとんどがもう使っていないようなアプリばかりだったのですが、ただ1つ残念だったのは、長年iPad使ってきたRSSリーダーのMr.Readerが使えなくなったこと。すごく気に入って使っていたのですが、仕方ないのでさしあたりiPhoneでも使っているNewsifyに乗り換えました。どうもiPadでの使い勝手はいまひとつですが仕方なし。これをのぞけば今のところ支障なしです。

あとでクーポン券で買い物をしようと思っていましたので、何のアクセサリも購入していませんが、背面のカメラがこれまでよりも出っ張っているので、デスクに置くときにカメラが当たってしまうのでとても気になります。Airはカメラの出っ張りは全くありませんでしたし、これまではフタ型のカバーしか使ったことが無かったけれど、今回は背面を保護するものも必要かなと思案中です。

iPad Airはかれこれ3年前に買ったものです。このときはマイクロソリューションの液晶保護フィルムでしたが、今回は初めてガラスフィルムを注文しました。「ゴリラガラス」採用のガラスフィルムにしたいところですが、なにせお高いためリーズナブルな物にしました。何をどうだったかはまたいずれ。

iPad Air 2に保護フィルムを貼った時のお話
今回のiPad Air 2の保護フィルムもマイクロソリューション製で。 - now and then

少し大きいので、これまでと重さはたいして変わらないのですが、ハンドリングの点で取り落としそうで少し不安です。裸のまま使っていると余計にそう感じるのかもしれません。やっぱりカバーは必要かなぁ。

コメントする

アーカイブ

子規の一句

澁柿は馬鹿の薬になるまいか

このブログ記事について

このページは、raizoが2018年1月 5日に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「iPad Pro:届きましたっ!(クーポンも)」です。

次のブログ記事は「iPad Pro:NimasoのiPad用ガラスフィルム」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。