2024年4月アーカイブ

夏葉社の島田潤一郎さんの本『長い読書』が、このたびみすず書房から出版されました。みすず書房も好きな出版社さんなので、これはすごいことだと本を手にするのを心待ちにしていました。

表紙のクリムトの絵が素敵で、装幀も、使われているクリーム色の紙も、まさにみすずです。すごいなぁ。本や読書のことだけでなく、音楽のこと、マンガのこと、なかなか本が読めなかった頃のこと、学生時代、仕事のこと、子育てのこと…「本と生活」に関するものであり、これまでの集大成でもあるそうです。

スクリーンショット 2024-04-24 20.46.54.次のApple Event。新しいiPad ProとiPad Airが発表されるのでは?という噂ですが、来たる5月7日と発表されました。今年は時間が日本時間で同日23時からなのでお間違いなく。今回は生で見ようかな。

Appleのイベント - Apple(日本)
Apple、5月7日に新型iPad発表か イベント表題は「何でもあり」、Apple Pencilのイラストも - ITmedia Mobile

みすず書房の『読書アンケート2023』で複数の方がリストアップしていて、気になっていたのですが、先日NHKラジオの「高橋源一郎の飛ぶ教室」で取りあげられていて、そのあと即買いして読みました。

小山さんというホームレスの女性が日々のことを綴ったたくさんのノートを、ご本人が亡くなられた後に有志でワークショップを作り、書き起こして出版したものです。

ちょっと前に、X(旧Twitter)のタイムラインに「渋谷のタワレコにビヨンセ来てる、ファンが涙目で出てきた」というのを見かけました。え、ビヨンセ?!

どうやら米国で新譜が出たらしく、そのプロモーションだった模様。

ビヨンセ、タワレコ“降臨”サイン会が話題 5年以上をかけた新アルバム携え | ORICON NEWS
ビヨンセ、タワレコ渋谷でサイン会を電撃開催!最新アルバムはSpotify2024年最多デイリー再生数を記録(THE FIRST TIMES) - Yahoo!ニュース

ひとり出版社の夏葉社さんで1年間、週1回アルバイト(この間は2人出版社!)をしていた秋峰善さんが、夏葉社での日々を本にしてくれました。

夏葉社さんでアルバイトをしている人がいるというのは、夏葉社の島田潤一郎さんのTwitter(当時)で知りましたが、秋くんってどんな人なのだろうと気になっておりました。そのご本人が、noteに綴っていた夏葉社日記を、このほど1冊の小振りな文庫サイズのハードカバーにまとめ、さらに秋さんが立ち上げた新しいひとり出版社「秋月圓」から出版されました!

アーカイブ

子規の一句

花一つ一つ虻もつ葵かな

くものす洞広告

このアーカイブについて

このページには、2024年4月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2024年3月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。