ユリイカ9月号の水木しげる特集

| コメント(4)

ユリイカ2005年9月号今月のユリイカ 2005年9月号は水木しげる先生の特集です。

水木先生と京極夏彦の巻頭対談は必読!水木先生ってやっぱり面白いなぁ。戦後60年ということもあり、戦記漫画が大きく取り上げられています。実は漫画そのものはあまり読んだことがないのです。水木先生の作品はたくさんあるので、どれから読んでいいのやら...そういう悩みもあります。これはマイブームの古本屋さんあたりで探して読むとしますか。いや逆にプレミアのついた本が多かったりして...。

水木ファンの皆様...まず読むべき作品といったら何でしょう?是非アドバイスお願いします!

コメント(4)

やっぱり個人的には「悪魔くん・千年王国」じゃないですかね。余裕が有ればただの「悪魔くん」と読み比べても面白いです。
あと最近のだと「昭和史」「のんのんばあとオレ」もオススメです。

tOmoriさん、アドバイスありがとうございます。
悪魔くんにもいろいろあるのですね。なるほど。

私は完全にテレビの鬼太郎(最初のです)世代。悪魔君のテレビは見たことがありません。本家の漫画でトライしてみます。

あまり多くは読んでいないのですが、鬼太郎シリーズ以外では『ヒットラー』やら『南方熊楠(猫楠)』などの伝記物も好きです。

伝記物もあるのですね...やはり紹介していただくといろいろわかります。
Amazonで検索しても400件以上もあるのでほんとにびっくりします。
この2冊は売れ筋上位の方にありました!

コメントする

アーカイブ

子規の一句

鮟鱇の口あけて居る霰かな

このブログ記事について

このページは、raizoが2005年9月 6日に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「楽天が米リンクシェア社買収だそうです。」です。

次のブログ記事は「信楽焼のマレーバク」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。