小川洋子「ミーナの行進」

| コメント(2)
ミーナの行進ミーナの行進
小川 洋子 寺田 順三


Amazonで詳しく見る
by G-Tools
先日、プランタン銀座で寺田順三氏のこの本の挿し絵原画展を開催しているのを横目で見て、ちょっと気になっていたのですが、やはり寺田氏の挿し絵が素敵...ということもあって読んでみました。

パラパラめくっただけでも、カラーの挿し絵が目立ちます。まるで絵本のようです。ちゃんとお話の内容に合った挿し絵なんです。そしてその挿し絵も小説の中のイメージとぴったりです。

逆に、お話の方も挿し絵のように、ちょっとノスタルジックでほんわかしたものでした。まさに大人(特に女性向け)の絵本。主人公の朋子ちゃん位の中学生の方でも読めるのではないかと思います。(以下ネタバレあり)

のっけから、コビトカバのポチ子、しかもそのポチ子の背中乗って通学するミーナにもびっくりしましたが、読後は、主人公の朋子ちゃんと一緒に芦屋の邸宅で1年間一緒に暮らしたような気持ちになれました。あっという間に読み終えてしまい、もっとお話が続いてくれればいいのに...と思ったけれど、「あっという間だった...」という感覚が、小説の中のできごとと重なるようで、これまたなんだか不思議です。

話の中でのもう1つのキーポイントであるマッチ箱、その絵がちゃんと挿し絵で再現されていて、思わず自分もマッチ箱コレクターになってしまいそう...。

このところはなんだか怒濤のような日々が続いていましたので、ちょっとなごませていただきました。

本当は惰性で読み続けているハリーポッター6巻(上下)も届いているのですが、これを読んだ後ではなんだか手が伸びません。まずはこっちからかな...

完訳 ファーブル昆虫記 第2巻 下完訳 ファーブル昆虫記 第2巻 下
ジャン=アンリ・ファーブル 奥本 大三郎


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

マッチ箱といえばチェコ!

チェコのマッチラベル チェコで見つけた、あたたかなともしびチェコのマッチラベル チェコで見つけた、あたたかなともしび
南陀楼綾繁


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

チェコ関連の過去記事
now and then: チャルカの東欧雑貨買いつけ旅日記
now and then: ほぼ日ウォーマーズ&ヨーロッパ本3冊

コメント(2)

私も「ミーナの行進」読みました♪
そして私もプランタン銀座の展示で見てから、気になって読み出したのです。
ポチ子の姿を頭の中で思い描いていたら、上野動物園のコビトカバの小梅ちゃんに会いたくなりました。

私もこの本が売れると、
上野動物園に小梅ちゃんを見に行く人が急増するのでは?
と密かに思っておりました。
はたしてコビトカバブームが来るか?

コメントする

アーカイブ

子規の一句

鮟鱇の口あけて居る霰かな

このブログ記事について

このページは、raizoが2006年5月26日に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「ステッドラーのペンシルホルダー 900 25」です。

次のブログ記事は「大木製作所のステンレスハンガー」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。