BRUTUS 2008年 1/15号「読書計画2008」

| コメント(2)
BRUTUS (ブルータス) 2008年 1/15号 [雑誌]BRUTUS (ブルータス) 2008年 1/15号 [雑誌]


Amazonで詳しく見る
by G-Tools
今出ているブルータスの特集は「読書計画2008」。「32人が独自の視点で、今、読むべき本450冊を案内する!」のだそうです。

この企画で新年の読書計画を練りましょう!というもの。いろいろな方が紹介する本をチェックするのも楽しいですが、「本と出会う場所。16のいカフェ、バー、書店」というトピックが面白かったです。今度ブックカフェ巡りもしてみよう...。そして、なぜか南方熊楠の出現度が高いことに少しびっくり。ワタリウム美術館で熊楠展をやっているから?

watari-um - exhibition - クマグスの森展

こちらも恒例、今月の「本の雑誌」は、「本の雑誌が選ぶ2007年度ベスト10」が特集。毎年この号だけ買っております。

○今月の本の雑誌 2008/1月号

このベスト10や、いろんな方のベスト3に、少ないですけれど自分が読んだ本が入っているとうれしいですね。

now and then: 最相葉月「星新一 一〇〇一話をつくった人」
now and then: 内澤旬子「世界屠畜紀行」
now and then: 「書評家〈狐〉の読書遺産」とokatakeの日記再開

どなたかのベスト3にも入っていたこちら。文庫がでてすぐに買ったのだけれど未読。あちこちで評判が良いようなので、早く読まなくては...

岡本綺堂随筆集 (岩波文庫 緑 26-3)岡本綺堂随筆集 (岩波文庫 緑 26-3)
岡本 綺堂 千葉 俊二


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

コメント(2)

お、これはヨサゲな企画ですね!
さっそく読んでみます。

それにしても、もう2008、ですか。
2007年中に読もうと思って読んでいない本がまだたくさんあるなぁ...

>おほむら さん

そうなんですよね。私も未読の山が...。
そしてこんな特集を読むと、また本を買ってしまうわけですが、それもまた楽し、ということですね。ツꀀ

コメントする

アーカイブ

子規の一句

鮟鱇の口あけて居る霰かな

このブログ記事について

このページは、raizoが2007年12月18日に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「ヨドバシでテラバイトのハードディスクを値切る」です。

次のブログ記事は「iPhone日本投入ドコモと交渉...ソフトバンクがいいなぁ。」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。