iPhone:PocketMoneyが1.3.1にアップデート

| コメント(3)

愛用のiPhone用おこづかいアプリ「PocketMoneyicon」が、1.3.1にアップデート。今回は主にバグフィックス中心のようです。

今回のバージョンアップで変わったのか、前回のバージョンアップに時に気づいていなかったのか、今となってはわからなくななってしまったのですが、最近気づいた新しい機能がいくつかありました。各種レポート用ツールと取引記録のテキストデータへの書き出しです。

ロールアップなど各アカウントの下に「ツール」のボタンがあります。これをクリックすると、アカウントごとのレポートや、カテゴリーごとのレポートを、簡単に見ることができるようになりました。また、一番下のRollupは、ある程度たくさん入力したあとで、もう使わない過去のデータを繰り上げることができます。今年の7月末までの日付の取引をロールアップすると、一番上の取引が7月末の残高数字になるということです。

そのツールボタンの横にできた、カーブした矢印ボタンを押すと、「Wi-Fi File Transfers」(無線ファイル転送)ができます。Export QIFは、前回ご紹介したQIFファイルの書き出しを一発で行うことのできるボタン。その下のEmail Registerでは、メールで取引データをかき出すことができます!

エクセルで開いてみたところ
メール本文には、表示中の取引データの1行1行が書き出されますので、メール本文をテキストとして保存し、エクセルで読み込めばスプレッドシートで利用できます。エクセルで読み込む際に、フィールドの区切りはタブとスペースにするとほぼうまく読み込めますが、私はカテゴリー名そのものにスペースが入っていたのでうまく区切れませんでした。これはカテゴリー名を直すことで解決。テキストでデータを書き出すことができれば、あとはどのようにでも加工できますから格段に便利になります。

いやいやどんどん進化しますねぇ。

now and then: iPhone:円熟のおこづかい帳~Pocket Moneyレビュー(1)
now and then: iPhone:円熟のおこづかい帳~Pocket Moneyレビュー(2)
now and then: iPhone:PocketMoney 1.3のバックアップ機能

コメント(3)

ツꀀこんにちは。

私もNewtonからのPocketMoneyユーザーでして、
まさかiPhoneでのレビューが日本語で読めるとはと、
感動しております。

今まではCLIEで使っていたのですが、iPhone版が
出たとのことで早速購入。書き出し機能がついたので、
やっとCLIEをお蔵入りにすることが出来ました。

ただ、よく落ちますね・・・私の場合落ちたら、safariを
ホームボタン長押しで終了させれば、ましになります。
PocketMoneyもメモリ関連でしょうか。

それと最新版ですが、レコードを選択して戻すだけで、
金額が消えませんか?これは致命的なんですが、
私のiPhoneだけでしょうか・・・

取引済みの利用法が、こちらのレビューでやっと解り
ました。

では。

>B747-400さん

Newton時代からのユーザーの方、私の他にもずいぶんいらっしゃるようで、とても心強く思っております。

1.3以降は、初期の頃に比べればだいぶ安定してきたと思います。当初はとにかくブラックアウトしてばかりでしたから。このところはほとんど無いといっても良いくらいです。使い慣れて安定してきたのでしょうか???

(ちなみに金額が消える現象は、私のところでは今のところ発生しておりません。)

ツꀀこんにちは、コメントありがとうございます。

私も慣れているせいか、これ以外の家計簿ソフトがしっくりきませんで、手放せないソフトになってます。金遣いが荒いもので(笑)

集計はデータを書き出して、Numbersでやってるので、書き出しに対応したのは嬉しいですね。

私のiPhoneでは、落ちなければほとんどの操作で大丈夫なのですが、落ちだすと止まりません・・・iPhoneの問題かも知れませんが、日々のソフトなのでなんとかなると良いのですが。

金額が消える話ですが、入力されているデータを選択して、編集画面になった時に金額は消えます。前のバージョンでは大丈夫だったんですが。そんな設定ないですよね。

それでは。

コメントする

アーカイブ

子規の一句

鮟鱇の口あけて居る霰かな

このブログ記事について

このページは、raizoが2008年10月 1日に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「今聴いています!竹内まりや「Expressions」」です。

次のブログ記事は「iPhone:最近入れたアプリ」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。