レガシー機器 radioShark2 純正アプリで音が出るようになりました!!!

| コメント(2)

レガシー機器のラジオアナログチューナーであるradioShark2。デジタル録音の時代であっても、Macでラジオをアナログ録音できる貴重な機器として、長く愛用しております。振り返ってみると買ったのは9年前ですねぇ。

Griffin Technology Radio SHARK 2 到着&試聴! - now and then

OSをMarvericksにアップデートした後に、radioSharkのアプリケーションが起動しなくなり、その後2年半はAudio Highjack Proでサンソン(山下達郎のサンデーソングブック)を録音していました。

Audio Highjack Proでラジオ録音(ただしアナログ) - now and then

El Capitanになり、radioSharkのアプリケーションが動かない方が増え、日本全国の数名のユーザーのみなさんも試行錯誤されていたようですが、簡単な解決方法をよそのサイトで発見し、うちも見事radioSharkアプリケーションを復活させることができました!

参考にさせていただいたのはこちらです。

富良野のおぢさんち 【解決】 El Capitan と radioSHARK2

audio MIDI 設定のradioSharkのフォーマットの設定を44100.0Hzに設定変更するだけという簡単さ!

私のトラブルは、そもそもMarvericksにした時に、アプリケーションが動かなくなったのが発端だったのですが、El Capitanにアップデートした後は、いつの間にか起動するようにはなっており、起動するけれど音が出ないという状況でした。

しかし…音は出るものの録音ができず。ここでもまたググって調べましたところ、どうやらAIFFファイルにだったら録音できるようです。ファイルサイズは大きくなりますが、音が良い分にはまあいいか…。

Bell-Mac:El Capitanの不具合…?

今のAudio Highjackのシステムは、iTunes用のアートワークやタグを入れることもできるので、引き続き使い続けるつもりですが、タイマー録音で曲を切り替えることができるという利点がありますので、いざという時はこちらも使いたいと思います。

日本全国に私を含めてまだまだたくさんのユーザーがいることがわかりました。みなさん、これからも頑張って使い続けましょう!

コメント(2)

おー。
助かります。
なるほどなあ。
コレってネタ元はどこ何すかねえ。
ちょっと探してみまーす。
ありがとうございました。

目からウロコの簡単解決にはちょっとびっくりしました。
ということでひとまず解決ですね。

コメントする

アーカイブ

子規の一句

燕の何聞くふりぞ電信機

このブログ記事について

このページは、raizoが2016年3月28日に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「石巻市長、大川小校舎全部、旧門脇小一部保存を発表す。」です。

次のブログ記事は「不忍ブックストリート 2016年 第18回 一箱古本市:特別養護老人ホーム谷中で出店いたします。」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。