iPhone 7:傷つきやすかったとしてもジェットブラックにします。

| コメント(0)

おはようございます。本日はiPhone 7の予約開始の日であります。
一晩考えましたが、やはりジェットブラックのノーマルiPhone 7 256GBを予約することにしました。

ここまでの思考の流れは…

引き続き家族割が理由で(不満はないわけではないですが)ソフトバンクで継続。SIMフリーもいつもチラっと迷うのですが、それはまた今度考えます。

容量はもう128GBでも8割方使い切っているので256GBに。ちなみに容量を圧迫している原因はAppleロスレスで圧縮している音楽のデータです。

iPhone Plusユーザーに、Plusはどう?と聞くと、すごく見やすくて良いよとのこと。そりゃそうだよなぁ。でも私はあの手帳型のケースがどうも好きになれないのと、片手操作は続けたいということでノーマルサイズに。

そしてやはり一番悩んだのは色です。容量が256GBなら、どの色を選んでも価格は同じです。私のキライな背面スリットは上にずれただけで、相変わらず美観を損ねていることには変わりなく、ホワイト系のどのモデルを選んでも、ケースに入れて使うことになります。今回のモデルの中で、最もスリットが目立たないのがジェットブラックです。

いや、ジョナサン・アイブがスリットを目立たないように作ってくれたのです。おそらく彼としてはこれがイチオシなのだと思うのです。

でもです。このジェットブラックは、傷つきやすいのではないかというのがもっぱらの噂。

傷つきやすいiPhone 7 ジェットブラックにずっと美しくいてもらう方法|ギズモード・ジャパン

これを読んでまた悩みましたが、結局どの色でもカバーをつけて使うのだから、だったら製品として美しいジェットブラックで行ってみよう!と。

ブラックモデルを使うのはiPhone 4以来です。この時は、表もホワイトのホワイトモデルが出るのを待ったのですが、結局待ちきれずにブラックを買った時でした。

iPhone 4:ついにブラックに堕ちる。 - now and then

ブラックは6ぶりということになりますな。さあ、これでオンライン予約に臨みたいと思いますっ!

<参考>昨年のiPhone 6S予約時の様子。そうでした、オンラインで予約してヨドバシで受け取ったのでした。

iPhone 6S:今年もヨドバシカメラでオンライン予約完了。 - now and then

コメントする

アーカイブ

子規の一句

あつき夜や汽車の響きの遠曇り

このブログ記事について

このページは、raizoが2016年9月 9日に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「予想通りの内容で、日本寄りにsuicaペンギンやマリオまで登場のiPhone 7とApple Watch Series 2」です。

次のブログ記事は「iPhone 7:いつくるんだかわからんけれどジェットブラックとApple Watch予約完了。」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。