ホワイトハウスコックスのウォレット、再び壊れる。

| コメント(0)

ちょうど10年前から使っていたWhitehouse Cox(ホワイトハウスコックス)のウォレット。今日、スナップボタンのところがメリッっと剥がれて壊れてしまいました。まあ使えるには使えるのですが。


使い始めたときの様子。
ホワイトハウスコックスのウォレット - now and then

2010年の暮れに、一度ライナーが破れてきたので修理に出したことがあります。
ホワイトハウスコックスのウォレットとしばしのお別れ。 - now and then
ホワイトハウスコックスのお財布が帰ってきました。 - now and then

このときは、修理に出してから戻ってくるまで3カ月かかりました。あれからもう8年ですか。

やはり10年も使っていると愛着もわいていて、じゃあ同じWhitehouse Coxの別のウォレットだったら良いのかというとそうでもなく、やはり今回も修理に出そうかなと思っています。しかしその間の代打のお財布をどうするかなぁ。

コメントする

アーカイブ

子規の一句

買ふて来た冬帽の気に入らぬ也

このブログ記事について

このページは、raizoが2019年5月13日に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「禿山さん(48):アララギ第7巻第3号」です。

次のブログ記事は「Mac OS、iOS、Watch OSをアップデート、令和にも対応。」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。