2015年の本の総決算。

| コメント(0)

本年も、月刊みすずの読書アンケート号に合わせて2015年の本の総決算をしてみました。

読了本は124冊。メディアマーカーに登録した本が181冊でした。昨年は平均月10冊の目標をなんとか達成できました。(今年はどうかなぁ、すでにペースが落ちているかも。)

売却のほうは総額98,770円。amazonマーケットプレースで37冊売って44,152円(別途送料と梱包のコストあり)、不忍の一箱古本市で38,100円、夏の石巻一箱古本市で12,000円、残りが古本屋さんへの売却4,518円です。amazonのマーケットプレースへ出した分と不忍に出した分が増えました。それ以上に買ってますから少しでも本を買う足しになればと、せっせと売っています。

さて、昨年の私の3冊ですが…

昨年の一番の感動はこちらでした。

成田三樹夫遺稿句集「鯨の目」、次はハンス・カロッサ? - now and then

成田さん、本当にステキです。この後、この本を出版した秋田の出版社「無明舎出版」が気になったり、カロッサの本を何冊か買ってみたりしています。まだ読んではいないのですが。

そしてベタではありますが、昨年のノーベル文学賞のこちら。

スベトラーナ・アレクシエービッチ「チェルノブイリの祈り―未来の物語」 - now and then

アレクシエービッチさんの他の本は、もともとの版元の群像社さんからは再販できなくなりましたが、岩波書店と新たに契約が結ばれ、この本と同じ岩波現代文庫で出版されるそうです。昨日のみすずの読書エンケートでも、上野千鶴子先生が◯をあげていたので再出版に期待しています。

そして理系本からはこちら。

ビアリング「植物が出現し、気候を変えた」 - now and then

繰り返しですが、やはり植物はエライということで。

昨年の本の総決算
2014年の本の総決算と私の3冊…ではなく今年は5冊。 - now and then

コメントする

アーカイブ

子規の一句

蜜柑剥いて皮を投げ込む冬田かな

このブログ記事について

このページは、raizoが2016年2月 2日に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「月刊みすず 2016年1/2月合併号 読書アンケート特集:鶴見&戦後総括の年。」です。

次のブログ記事は「春のApple Eventは3月15日(日本では16日)。Apple Watch S?」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。