Tokuzanのブログ記事 2 / 5
    
    



1 2 3 4 5

 


アララギ第5巻第2号

アララギ歌壇
             左千夫 選

 四疊半裡閑居
             湯本政治

うづくまる吾がうしろ影小さき室の壁にみちたりさ夜の靜かに

夕げ終へてほろ醉耳にきく雨のゆく秋ながらさびしくもあらず

ほろ醉の耳になごめる雨の音に小さき室の内つらねむれり

太筆の壁にうつれるその影の太き筆もが吾がふるひ見む





アララギ第5巻第1号

  雜 歌

   ○             湯 禿山

朝山に雲ふみのぼる見渡しの谷川の音をとほく聞きつつゝ





アララギ第4巻第10号 「信濃号」

 心 猿

東の空白〱(繰り返し)にわが骸思に疲れたゞよこたはる

生きのまゝ死にたるむくろ妻子らははやもさめよとひた促せり

こらが手を巻きの八須ば朝風によな〱(繰り返し)揺らぐ乏しかりけり

八千草の花のすがしき妹らを率(ゐ)いて秋をあそばんいや年のはに





アララギ第4巻第10号 「信濃号」

 合 歡

                 湯本 政治

水の音おほに和める河岸の有明月夜ねむいまださめず





アララギ第4巻第9号
 ○             湯 禿山

この一日これあるからに生くるわが心の将を人な越えそね

伊那の谷の谷のひめゆりおのが性をさながら匂へかそけかりとも

常世なる花をめでむと行く春を逐はせけらしもみほとけ邊へ





アララギ第4巻第8号

 朝清め
                 湯本政治

さ庭べの木の葉のゆるゝかそけきに吾下思のふふまれにけり





アララギ第4巻第7号

春往夏來
                   湯禿山

春寒み筑摩野の風身にしむる人のなさけを忘れておもへや





アララギ第4巻第6号 その2

課題 午後三時より午後六時迄
                  茂吉 選

          湯禿山

つとめよりかへる道すがら酒にでもよみて見まくと思(も)ひて來けり





アララギ第4巻第6号 その1

此日頃
                  湯禿山

 卜居

いそのかみ年ふる寺のかたはらに杜のあるじとわれなりにけり





アララギ第4巻第5号

河中島懐古歌幷反歌

           湯禿山

今もかもくはしさやけし犀川千曲の川 ゆき合ひの河中島 ますらをがたけき其名に 岩くやす鋭心ときて 天つ火に怒る(玄隹 玄のへんにふるとり)神と 相結ぶ恨はとけず 屍をつゝみと高く 血潮はほこもただよふ あらそひや年の七とせ あたら世をかくてはけむ いにしへを嘆きもとほり かぎろひの日は傾きぬ 秋ぎりに立ちのまがひに 旗すすきほのかに伏すを 襲ひよる旗と偲はく 皷なす岸うつ波は こもりたるいくさのどよみ 耳に目に悲しまぼろし あはれあはれ(くりかえしの「く」)其のあとどころ 八幡が原


 

1 2 3 4 5




アーカイブ

このアーカイブ中の記事