Movieのブログ記事 14 / 17
    
    



1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17

 


映画「LOVERS」

| コメント(2)

LOVERS オリジナル・サウンドトラック渋谷ジョイシネマにて、映画「LOVERS」鑑賞。人におつきあいしての映画鑑賞が続き、最近は本来見たいと思っている映画が全然見られません。これも1人だったらたぶん見に行かなかったと思います。金城武狙いの女性(年齢層広し)とチャン・ツイー狙いのおじさん(?)など。カップルよりは女性同士のグループの方が多いかな。

LOVERS外伝 もうひとつの愛の軌跡」こんなDVDも出てるんですね。メイキングなのかな。





最後は「丹下左膳」。恵比寿ガーデンシネマにて鑑賞。これも楽しみにしていた映画の1つ。丹下左膳といえば大河内伝次郎(古すぎ...)ですが、豊川悦司がどんな風に演じてくれるのでしょう?トヨエツ効果で若い人から年配の方まで...といったところでしょうか。

山中貞雄監督の「丹下左膳餘話 百萬両の壷」は昔見たことがあるのですが、最近発見された幻のチャンバラシーンも加え、日活作品集としてDVDが発売されてます。音声が悪いのでなんと日本語字幕付き!しかしこれも見たい...。

山中貞雄日活作品集 DVD-BOX
powered by
amazlet
日活 (2004/05/07)
売り上げランキング: 721
通常24時間以内に発送します。
おすすめ度の平均:
ベタな泣かせ方はしない
山中貞雄はモボだった!
今70歳の方が赤ちゃんだったときの映画です。





スチームボーイ スターターキットスチームボーイ」はヴァージンシネマズ 六本木ヒルズにて鑑賞。ここの映画館も初めてです。これ、確か東京の気温が39度になった日の真っ昼間にいったので、めちゃめちゃ暑かった!

もっと混んでるかなと思ったけれど、場内の半分以下の入り。場所柄もあり、若者カップルが多かった...。中でキャラメルがけのポップコーンのでっかいほうを買ったのですが、食べても食べても減らん!と思ったけれど、最後は結構なくなっていました。




ハリー・ポッター DVDツインパック 限定版
このところさぼっていた映画鑑賞報告。自分の覚え書きでもあるのでさかのぼって書いておきます。(画像は復習用の前2作の特別版DVDツインパック!)

ハリー・ポッターとアズカバンの囚人」は、渋谷ピカデリーで鑑賞。今回はシリウス・ブラック役でゲイリー・オールドマンが出演。ダンブルドア先生役が交代してしまったのがどうなるか...といったところが気になって見に行きました。事情により吹き替え版を見ることになったのですが、どうも吹き替えだと映画館に見に行った感じが薄くなってしまいますね。




真珠の耳飾りの少女
トレイシー シュヴァリエ, Tracy Chevalier, 木下 哲夫

おすすめ平均
丁寧です

Amazonで詳しく見る4560071462
真珠の耳飾りの少女シネスイッチ銀座にて鑑賞。ここもおばさま方で一杯でした。私の悪い癖で、出だし10分間に猛烈に眠くなってしまう不覚。同行者は大絶賛で「95点」の高評価。私はそこまではいかないなぁ。でも原作が気になったので本をamazonに注文したところです。



永遠のモータウン
これは見ないわけにはいかない!と思っていた「永遠のモータウン」。やっと見てきました。渋谷シネ・アミューズ周辺は、地図を持ってきょろきょろしているおばさん達が多いですが、それはこの映画の隣で上映中の「スキャンダル」(ペ・ヨンジュンが出てるヤツですね)目当てみたいです。恐るべしヨン様ブーム。いつもはBunkamuraに現れる層が流れてきているようです。平日でも毎回満員みたいですから、こちらを見たい人は早めに行って整理番号をもらいましょう。

おっと、話がずれてしまいました。本題の映画の客層は圧倒的に男性ばかりでしたが、「スキャンダル」と間違えたのでは?と思えるくらいの年齢層のおばさん2人連れも。実は昔からのモータウンファンなのか?





こまねこ家人のたっての強い希望により、ロスト・イン・トランスレーション渋谷シネマライズに見に行きました。(レディースの皆様すみません!一緒に行こうと思ってたんですが...)他の映画館でも拡大公開となったせいか、平日の日中は空席も見られ、余裕で見てきました。

渋谷シネマライズに行きますと、もれなくあのNHKのど〜も君のスタッフが作った人形アニメの短編「こまねこ」も同時上映。私がみたのは第2話でした。第5話まであるらしい...。このアニメ...すごく気に入りましたっ!

続きはネタバレありの感想です。





映画4連発の最後は「ディボース・ショウ」。コーエン兄弟の兄ジョエルの監督です。私にとってはいまだにERの「ロス先生」だったりするジョージ・クルーニーと、シカゴで私の中で好感度がアップのキャサリン・ゼタ・ジョーンズの共演。コーエン兄弟のジョエル・コーエン監督ということで、ジョージ・クルーニーは今回も二枚目コミカルな活躍です。

これもポスターを見て気になっていて、突然「行くぞ」と思い立ってバタバタ家を出発。渋東シネタワーにて鑑賞しました。





以前のエントリーでご紹介した「東京原発」を新宿武蔵野館で鑑賞。こちらは日曜日だったのでほぼ満席。若い人から年配の方まで年齢層は幅広かったと思います。

宣伝などから勝手に想像して「暴走する都知事」中心の話なのかなと思いきや...





「2度のアカデミー賞に輝くデンゼル・ワシントン最新主演作」というキャッチコピーの「タイムリミット」を上野の西郷さん裏の上野東急で鑑賞。週末の夜の部での鑑賞でしたが、あいかわらず上野は空いています。でも上野東急って見た目は汚そうだけど、シートは意外ときれいなんですよ。

で、あまり情報もないまま映画館の看板を見て、デンゼル・ワシントン主演というので、ふと思いついて見に行くことにしたというのが正直なところデス。事前情報ほとんど無しだったので、先入観無く見られました。


 

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17




アーカイブ

このアーカイブ中の記事