Movieのブログ記事 3 / 17
    
    



1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17

 


小津安二郎の学図像学今日は、東京国立近代美術館フィルムセンターの企画展「小津安二郎の図像学」に行ってきました。もっと早く行きたかったのですが、風邪をひいて延び延びになっておりました。

フィルムセンターに行くのも、新しく立て替えられてから初めて。学生のころ、センターのビルが火事になる前によく行っていました。なにしろ上映作品の料金が当時かなり安かったのです。何年ぶりだろう…。





昨夜は、渋谷のNHKホールで行われた山下達郎のコンサートへ。だっぷり3時間ちょい、今回も歌に演奏に、そしてトークにたっぷり楽しませていただきました。(以下、ネタバレはありません。)





スター・トレック イントゥ・ダークネス (角川文庫)公開を待ちに待っていたJ.J.エイブラムス監督の「スター・トレック」映画第2弾、スタトレファン待望の「スター・トレック イントゥ・ダークネス」を見てきましたっ!(以下ネタバレあり注意。)

『スター・トレック イントゥ・ダークネス』| オフィシャルサイト





風立ちぬ (ジス・イズ・アニメーション)
広島の原爆記念日の今日、宮崎駿原作・脚本・監督のアニメーション映画「風立ちぬ」を見てきました。平日とはいえ夏休み、映画館は満員でした。

風立ちぬ 公式サイト





あまりの暑さで、日中自宅にいられない季節がやってきました。わが家では=映画を観に行く頻度が高まる季節であります。本日はウッディ・アレン監督(そして久しぶりの出演も)の「ローマでアモーレ」を観てきました。

映画『ローマでアモーレ』公式サイト





映画 ホビット 思いがけない冒険 オリジナル・サウンドトラック長年のトールキンファンとしては観ないわけにはいかない「ホビット」の映画、やっと観に行くことができました。3Dはどうしても不安(眼鏡&斜視気味)なので、無難に2Dにしました。IMAXでも酔ってしまったことがあって、どうも3D映像は苦手意識ありなんです。期待の映画はしっかり観たいですし。

原作は、私には珍しく繰り返し読んでいる本なので、なおさら思い入れもあります。

映画『ホビット 思いがけない冒険』公式サイト





映画『阿賀に生きる』公式サイト
『阿賀に生きる』はドキュメンタリー映画の開拓者、佐藤真の初監督作品です。1992年当時、映画館でドキュメンタリー映画がロードショーで上映されることがなかった時代、異例ともいえるロードショー公開がなされ、(中略)新潟水俣病という社会的なテーマを根底に据えながらも、そこからはみ出す人間の命の賛歌をまるごと収め、世界中に大きな感動を与えました。


20年振りのロードショー公開、私も20年振りに観に行きました。もともと16mmの映画でしたが、今回の上映にあたり、あえてデジタルにはせずに16mmフィルムのニュープリントでの上映なのだそうです。

20年前は、慣れない六本木に観に行ったことは覚えていて、帰りにWAVEに寄り道して、都会的なCDショップを眺めて帰ってきたのですが、映画館の名前が思い出せませんでした。調べてみると「シネヴィヴァン六本木」。そうですよ、まだセゾン文化隆盛の時代…もう遠い昔になってしまいました。





Trouble With the Curve御年82歳のクリント・イーストウッドの主演映画。日本の宣伝戦略で、老人映画的なプロモーションをしているからということもあるのか、観客の年齢層はかなり高めでした。若い人比率は1縲怩Q割ぐらいだったかもしれません。確かにですね、出だしはクリント・イーストウッド演じる野球のベテランスカウトマン「ガス」が、夢から目覚めてトイレでちょろちょろと用を足すところから始まるという、衝撃(?)のシーンから始まります。

映画『人生の特等席』オフィシャルサイト





昨日は、ディズニーがルーカスフィルムを買収し、スターウォーズのエピソード7以降を制作するというビッグニュースあり。

ディズニーがルーカスフィルムを買収。STAR WARS Ep 7は2015年公開、以降も2, 3年に新作一本 - Engadget Japanese





アベンジャーズ・アッセンブル本日も暑さを避けて映画館に。新宿ピカデリーで「アベンジャーズ」(2D字幕版)を見てきました。

アベンジャーズ|Avengers|映画(動画が始まります)


 

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17




アーカイブ

このアーカイブ中の記事