Movieのブログ記事 9 / 17
    
    



1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17

 


オリバー・ストーン監督が、キューバ共和国の最高責任者フィデル・カストロ国家評議会議長にインタビューしたドキュメンタリー映画「コマンダンテ」を見ました。アメリカでは上映禁止になった映画です。渋谷のユーロスペースで見ましたが、客層は思ったより高く、1人できている人多し。意外にも男女比率は同じぐらい。

映画公式サイト -COMANDANTE-コマンダンテ





ダイ・ハード4.0 (出演 ブルース・ウィリス)「ダイ・ハード4.0」観てきました!アメリカのGet a MacのCMでおなじみのMac君役、ジャスティン・ロング君が、今回の相棒のハッカー役で出演しています。ブルース・ウィリスとの共演というこの大役を射止めることができたのも、あのCM出演が影響したのでしょうか。

「ダイ・ハード4.0」公式サイト




akiさんのブログ「aki's STOCKTAKING」で公開を知った映画「スケッチ・オブ・フランク・ゲーリー」を見てきました。

渋谷Bunkamura ル・シネマで観賞しましたが、平日ということもあってかガラガラ。いつもこの映画館はオバサマ達がたくさんいらっしゃるのですが、さすがにこの映画はオバサマ率低し。映画の内容はといいますと、監督のシドニー・ポラックが、親友である建築家のフランク・ゲーリーの素顔を追ったドキュメンタリーであります。

スケッチ・オブ・フランク・ゲーリー 公式サイト

フランク・ゲーリーについて
フランク・ゲーリー - Wikipedia
Frank Gehry - Wikipedia, the free encyclopedia





パイレーツ・オブ・カリビアン:ワールド・エンド オリジナル・サウンドトラック正直言って、つい最近までバカにして観ていませんでした。安売りになっている1作目を買って観て目覚めた次第であります。2作目はレンタルで観賞。結局この第3作は楽しみにしておりました。

パイレーツ・オブ・カリビアン/ワールド・エンド

新宿に初めてできたシネコン「バルト9」にて観賞。初めて行きましたが、きれいなシネコンですね。客層は若いカップル率が非常に高く、おじさん・おばさんが極端に少なかった...。最近は平日の昼間に映画を見に行くことが多く、ヒマをもてあましている風のリタイア組のオジサマ達が、ある一定率でいらっしゃるのですが、どうやらシネコンは苦手のようですね。

以下、ネタバレもありますので注意。





眠狂四郎殺法帖眠狂四郎女妖剣眠狂四郎炎情剣眠狂四郎無頼剣
先々週、NHK BS2で日中に放映された「剣鬼」(市川雷蔵主演)を録画しそこねたので悔しい思いをしていましたが、16日からは眠狂四郎シリーズを一挙4作品放映されます。しかもなつかし映画の時間帯ではなく、夜の衛星映画劇場での放送です。





Ichikawa Raizo池袋にある文芸座。一旦閉鎖しましたが、会社が替わり、新しい「新文芸坐」として2000年にスタートしています。そしてその新文芸座になってから初めての、市川雷蔵特集が決定したそうです。期間は4月28日縲鰀5月18日まで。




B000LP4PW8ドリームガールズ:デラックス・エディション(DVD付)
サントラ マキシ・アンダーソン シャーリン・カーモン
ソニーミュージックエンタテインメント 2007-01-31

by G-Tools
遅ればせながら、やっと映画「ドリームガールズ」を見てきました。ジェニファー・ハドソンがオスカーの助演女優賞を獲得した、同名ミュージカルが原作の映画であります。映画そのものも久しぶりでした。

公式サイト ドリームガールズ




4902943166A to Z
奈良 美智 graf
フォイル 2006-11

by G-Tools
渋谷シネマライズで、映画「NARA:奈良美智との旅の記録」を見てきました。昨夏、弘前の酒屋さんの倉庫で開催された奈良美智とクリエイティブユニットgrafの「A to Z」展開催までの道のりを紹介するドキュメンタリーであります。残念ながら私自身は弘前まで見に行くことはできませんでしたので、せめて映画で体験してみようと思った次第です。

奈良美智 + graf A to Z - ニュース





華麗なる一族〈上〉普段あまりドラマは見ない人なのですが、今シーズンは珍しく、キムタクの「華麗なる一族」と篠原涼子の「ハケンの品格」(篠原VS大泉さんみたさ)を見ております。

「華麗なる一族」はTBSのすごい宣伝につられて見始めたのですが、なぜか1人だけ時代考証から浮いている(どうしてもイマドキの人)ように見えるキムタクをよそに、個人的にはお父さん役の北大路欣也が気になってしょうがありません。





「こまねこ」オリジナル・サウンドトラック楽しみにしていた「こま撮りえいが こまねこ」を見てきました!どーも君のスタッフが作った実験的な短編人形アニメ映画「こまねこ」に、長編(普通の映画に比べると中編?)が加わっての単独上映です。

映画の前哨戦として見に行った「こまねこ展」のレポートはこちら。このときキディランドで買い物をしておまけでもらった冊子は、やはり映画のプログラムでした。今になって得した気分です。
now and then: 「こまねこ展」に行きました


 

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17




アーカイブ

このアーカイブ中の記事