iPod & iTunesのブログ記事 28 / 33
    
    



1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33

 


新しいiPod事前の噂通りの新しいiPod発表です!少し安くなって20Gと40Gモデルの2つです。
アップル - iPod

バッテリーの持ちが倍になったのと、シャッフルプレイの操作が簡単になった...というのはいいですね。今までシャップル機能のON OFFはメニューの奥深くにあって、常々めんどくさいなあと思っていました。容量は40Gのままだったのは残念。80GBでさらにバッテリーの持ちが良くなったら買い替えたくなるかもしれないなぁ。





もうあちこちのMacサイトでこのNewsweekの表紙の写真が掲載されてます。明日発表(というか雑誌の発売日なんでしょうか)と噂される新しいiPodを手にするジョブスです。
Think Secret - New iPod shown on Newsweek cover

外観はあまり変わらないですね。色のバリエーションがあるという噂もあります。

iPod miniも小さくて魅力的ですが、私にとっては入れ替え作業なしに大量に曲が入ることがポイントなので、予算の許す限り大容量を買う(テレビ用のHDDレコーダーもしかり)というのが鉄則であります。





New Cinema Displayマウスを買いにビックカメラに行ったついでに、アップルノコーナーでCinema Displayを見てきました。20インチと23インチがありましたが、23インチはアップルの派遣社員がずっとへばりついていてじっくり見られませんでした。フレーム全体がアルミなのではなくて、アルミでのり巻きのように表面がくるまれているという感じ。脇から見るとわかります。裏にはUSBとFirewireのコネクタが2つずつ。前と違って首が動くので、簡単に角度も変えられますし、ケーブル類もすっきりしていていいですね。

デザインは前の方が好きでしたが、やっぱり大きいのはいいなぁ。30インチがどんなのだか楽しみです。(モニタにテレビ機能が標準でついていれば多少高くても買うかもしれないのに。)

で、月曜日(日本ですと火曜日?)に新しいiPodが発表との具体的な噂も出てきました。





iPod mini
待ってました!iPod miniが、いよいよ7月24日発売でアナウンスされています。税込みで28,140円

なんだか長かったですねぇ。この間、次々とiPod対抗馬が増えていますし、この価格でこの容量で、果たしてどのくらい売れるでしょうか...というよりちゃんと商品が供給できるのかな?





すでにあちこちですっかり話題になっていますが...アメリカでは本格的にキャンペーンがスタートしたようです。
米国報道発表資料抄訳:米国で"iPod Your BMW"キャンペーンをスタート

iPod Your BMW専用のウェブサイトを訪問してみました。話題通りかっこいいですね。こちら経由でCMも見られます。車は持っていないけれど...とても使いやすそう。ハンドルで操作できちゃうなんて...。こんな感じで新しい使い方を提案してくれるとうれしいです。

AirMac Expressも出ましたし、iPod次期モデルはBluetoothか無線LAN搭載でワイヤレスで音を飛ばす機能を搭載して下さい!





すみません、このところすっかりこの手の話題ばかり。
コピー防止機能付きCDが全米ヒットチャートでNo.1に - CNET Japan

 「われわれに寄せられた問い合わせの数は、 同CD購入者全体の0.5パーセント以下でしかない」とSunnComm最高経営責任者(CEO)のPeter Jacobsは述べ、「問い合わせのほとんどは、iPodに楽曲をコピーするにはどうしたらいいか、といった類のものだ」と付け加えた。
...ということで、WMAフォーマットのファイルは入っているけれど、現時点ではiPodで聞けないそうです。

ただしこのアルバム、日本盤はCCCDではないそうです。
So Wh@t ?: 『コピー防止機能付きCDが全米ヒットチャートでNo.1に』
多少高くなってもいいからCCCDではない本当のCDも一緒に発売して欲しいデス。





いつもトラックバックしていただいているNariさんの
So Wh@t ?: 重DRMのiTunes Music Storeでもオープンする(!?)経由で
OTO-NETA: 重DRMのiTunes Music Storeならオープンしないほうがマシ
のアンケートに答えてきました。

「きつい制限ならオープンしない方がいい」...実はこれが一番悩みました。とにかくオープンしてもらいたい...とも思ったのですが、制限がきつくないから使い勝手もいいわけで、それがきつくなると、とても使いにくいモノになってしまいそう。使いやすいからこそ、ついついたくさん買ってしまうんじゃないのかな。





元のエントリーはPowerBookにメモリを1G以上積んでいるとAirMacに問題が出るようだ...というお話しでしたが、そのなかのこのあたりの記事が気になりました。

nobilog2
そうそう、何人かUKの人と話したけれど(パリの人とも話したけれど)、iTunes Music Store Europeの感想の第1声はほとんどの人が「買う曲がない!」というものでした。やはり、ヨーロッパの音楽業界も保守的過ぎる気がする。
フランスやドイツは確かにアメリカ音楽を好まない人も(特に最近は)多いかもしれないなとは思いましたが、同じ英語圏のイギリスでもそうなのですね。そのままアメリカを持ち込むというのは、ヨーロッパではなかなか難しいのかな?

そういった意味で、アメリカ至上主義の日本はiTMSにとって良い市場ではないでしょうか。かくいう私も「買いたい曲があるのに買えない!」





いよいよ英国・フランス・ドイツでもiTunes Music Storeがスタートしました!

米国報道発表資料抄訳:アップル、英国・フランス・ドイツでiTunes Music Storeをスタート
「世界一のオンラインミュージックストアが遂に英国、フランス、ドイツにやって来ました。70万曲以上もの膨大なミュージックカタログや、一曲当たり0.99ユーロまたは0.79ポンドという画期的な価格設定、そしてアップルが提供する大好評のiPodとのシームレスな連携など、欧州の人々が待っていたデジタルミュージックストアがここにあります。」と、アップルのCEO(最高経営責任者)、スティーブ・ジョブズは述べています。
EUへの拡大は10月からだそうです。いいなぁ。日本のアーティスト抜きでもOKですから、はやく日本にも来て下さいよぉ。





iTunes 4.6の新しい設定画面このところ急に毎日忙しいです。今朝はiTunes 4.6をソフトウェア・アップデート経由でゲット。

見た目が変わったのは、設定パネルにリモートスピーカーの項目が増えたところだけ。AirMac Expressがないと、威力が発揮されません。(あたりまえか...)

iPodを持っている人はiTunesも使っていますし、iPodがあれだけ売れてますから1割がAirMac Expressを買うとすると...かなりの売り上げですね。しかしユーザーのニーズをつかむ新コンセプト、今回はほんとうに感心しました。iPod&iTunesに触れて、Macもなかなかクールだな...と思ってもらえばそれも良しです。


 

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33




アーカイブ

このアーカイブ中の記事