iPod & iTunesのブログ記事 31 / 32
    
    



1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32

 


family_minis01062004.gifMac World Expoで噂通りiPod miniの発表です!

アルミボディで5色展開(どうもこの5色というのは、iMacが売れて5色になったときのことを思い出さずにはいられませんです。)、4Gでバッテリーの持ちは8時間。大きさは小型になってます。タッチホイールのクルクル部分だけで、Play/Stopなどの操作もできるようになっています。純正のアームバンドまで...。やっぱりアメリカはジョギングしながらという需要が大きいんですね。本体の画像を見ると、まるで3Dソフト手作ったモックアップみたいで、なんだか実物とは思えません。はじめはデザインもピンと来ませんでしたが、ジョブスが手に持っているのをみたら、なかなかスマートで良いような気がしてきました。同時に今までの10Gモデルが15Gになって、今日から発売。こちらは31,800円。しかも他のモデルも値下げです。トホホ。とすると、miniのほうは26,800円くらいかな。せめて19,800円ぐらいの値段を期待していたんですけどね。

日本のサイトはまだ変わってないのでまずはアメリカサイトで...USAでは2月から、World Wideでは4月からの発売だそうです。
Apple - iPod - iPod mini





あぁっ残念!今日に限ってデジカメ持ってなかったんです。
本日は山手線でiPodの広告つき山手線に乗りました。

座る席が少なくてドアの数が多いタイプの車両ばかりの列車で、iPodの3色のポスター柄の広告が、窓と窓の間に全部ついています。それだけならまあ最近よくある車両広告なのですが、降りた後に振り向くと、車両の前と後ろの運転席の窓の下、山手線カラーの黄緑色の帯の上に、白いアップルマークとiPodの文字が!!!確かに山手線の黄緑色とiPodの広告(黄緑色を選んでご覧下さい)の黄緑は同じですね。

この列車12月早々から走っていたようですね。私は普段山手線に乗らないので全然知りませんでした。というわけで、こちらで正面から見た写真が紹介されています。
h! Log ::: ハイログ.000: iPod > 山手線





porter20031201.jpgWebのアップルストアに注文していたPorter(吉田カバン)のiPodケースが届きました。15日の夜に注文して21日に届きました。ちょうど1週間というところですね。思い切って白にしたのですが、やっぱり汚い手で触っているうちに黒くなりそうです。使うのがもったいないなあ。





PorterのiPodケース、悩んだ末に白に決め、Webのアップルストアに注文しました。汚れるのは覚悟の上です。黒のケースって多いので、なんだかつまらないかなと。納期は5〜7営業日と出ておりますが、はたしていつ届くかな。

今までのiPodではこのSportSuit Convertibleというケースの蓋をはずして使っていました。これもなかなか良かったです。一度このケースにいれたまま、アスファルトの上に落っことしましたが、傷もつきませんでした。新しいタイプ(最近のiPodのことは3Gって言うんですか?)もあるようなので、アウトドア用にはいいかも。このメーカーのものは日本のお店でもよく売ってますね。





先日の.Macイベントでもらった10%割引カードを使って、Apple Store GinzaでiPod 40Gを買いました。本当は割引率からいったらAmazonの方がお得ではありますが、銀座のお店にはすでに何度か行っているのに実はなにもまだ買っていなかったのです。1回くらい買ってあげないと...ねぇ。でも「他の製品はよろしいでしょうか?」とマニュアル通り明るく念を押されましたが、きっぱりこれ1点にしました。となりのレジで、Belkin Voice Recorderを含むいろいろなiPodアクセサリをお会計していて、ちょっと気持がぐらつきます。





T8010JA_125x125.jpg吉田カバン(PORTER)iPodケースが、好評につき一般販売開始だそうです。それでAppleStore銀座でも販売していたのですね。(すぐ売り切れてしまうようですが...。)

新iPodもってないのに、黒と白で悩みます。白はやっぱり汚れるかなあ。でも白がいいなあ。





内覧会の記事と共にiTunes Misic Store日本進出も報道されてますね。

asahi.com : ネット最前線 : 朝日新聞ニュス
日本の音楽業界では「米国市場の急拡大に刺激され、日本企業もサービスに本腰を入れ始めるはずだ」と見られている。
...そうであることを祈りたいです!





最初は英語のニュースサイトをみて書いていたのですが、日本のアップルがわざわざ日本語でもホットニュースとしてアップしています。1週間で150万曲ですか。この事業は儲からないって何度も言われてるけど、一方のNapsterはどうなんでしょう?
iTunes、先週だけでナップスター1週目のダウンロード数の5倍に相当する150万曲を販売
とにかくどんどん日本でアピールしていただいて、日本でのサービス開始をひたすら願ってます!





やっと日本語版がダウンロード開始されています。
アップル - iLife - iTunes - ダウンロード

Rhythmdrive.blog: iTune for Windows 日本語版

新生Napster™もオープンしてますが、Macからは全然かいま見ることもできません。Winだったとしても日本からでは曲が買えないですし。結局どのくらい売れてるのかなあ。

米Roxioがついに「Napster 2.0」サービスを開始





PCUPdate:Apple、Windows版iTunesのバグ修正
英語版ですがWin 2000 Proへの対応版が改めてリリースされました。日本語版も数日中に出てくるかな。

こちらにiTunes for Winの特徴がわかりやすくまとめられていました。Winの方参考にどうそ。

Konpeki Blog: iTunesの特徴(まとめ)
iTunes 4.1 for Windowsが公開され、使用感といった物もそろってきています。けど、なぜか、iTunesは使いやすいという人と、iTunesは使えないという人がいます。そこで、iTunesに、何ができて何ができないのか、どういう人に使いやすく、どういう人には使いにくいのかを考えてみる。

それからiTMS(iTunes Music Store)がどんなに好調でもファイル交換ネットワークには影響無いだろうという記事
アップルの『iTunes』ストアはファイル交換ネットワークを超えるか
音楽を作る側にとっては、ネット販売の方法が確立すれば、ある一定線利益が入るわけですから、確かに無駄ではないと思います。ジョブスはこれで先陣を切ってネット音楽販売界のAmazonやeBayになりたいようですが...これが失敗でも大損する程ではないかと思うので、充分挑戦しがいのあることだと思います。今後の動向が楽しみです。


 

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32




アーカイブ

このアーカイブ中の記事