Ishinomakiのブログ記事 20 / 20
    
    



1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20
>>


 


くみこさんのiBook結局iBook(late 2001)は、くみこさんの元から戻ってきました。液晶の首のあたりがぬれてしまったのですが、どうもACアダプタを差しても電源が供給できないようで、バッテリーも充電できなくなりました。バッテリーが残っている時は起動していたので...。やっぱり「お茶」はまずかったようです。新品でなかっただけまだ救われました。

しかし、2日だけ使ってもらって、いくつかXへの不満点も聞けましたし、もうすこしタンジェリンiBook+OS 9を使い倒してもらおう!という気持にもなりました。クリックボタンがちょっとバカにはなってますが、まだまだ使えることは確かですから。プロジェクトはいきなり休止です。しかしそんなに悲観はしてませんよ〜。





くみこさんにOS XでiPhotoを使ってもらうべくスタートしたこの企画。いきなりとんでもないことになってしまいました。しかも私の大ボケのせいなんです!先日実家に帰った折、iBook(late 2001って呼ぶようです)のセットアップ。初代iBookタンジェリンからデータを移し、1日使ってもらった後のことです...。





cameracoverwoolくみこさんのお話しです。タンジェリンiBookを買って2年後。以前プレゼントした小型のAPSカメラをよく持ち歩いていろいろ撮影していたので、そろそろデジカメかな...と思ってすすめてみたところ意外と乗り気。さっそく電気店に行き、一緒に物色しました。とにかく小さいもの...というのがリクエスト。充電もちょっと面倒なので、乾電池も使えるタイプがいいかな...ということで、くみこさんの初めてのデジカメはCybershot DSC U-10となりました。対抗馬はカシオの初代EXILIMだったのですが、自分が欲しかったのでU-10に決定!

で、写真はくみこさんお手製の「モヘア」の毛糸で編んだデジカメケース。難点はモヘアの毛がデジカメにひっかかったり、くっついたりすることです。





ibook600の箱譲り受けたiBook G3/600Mhzが届きましたので、PantherとiLife '04をインストールし、くみこさんのもとへ送りました。もともとAirMacカードも入っていて、メモリも512MB増設してあるものですので、言うことナシのマシンです。

新しいiPhotoを使ってもらうのが目的なので、Pantherは必携。G4のようにサクサクとはいきませんが、10.2に比べれば充分な速度(テキストの早打ちには追いつきませんが、そんなことはしないと思いますので...)です。老眼用に、FinderのDockのアイコンはできるだけ大きくし、HDアイコンも混乱の元なので表示しないようにセットして送りました。





くみこさんとはうちの母のことです。

1999年の暮れに、くみこさんに初代iBook(タンジェリン)をプレゼントしました。そのころほぼ日刊イトイ新聞 -80代からのインターネット入門ずっと読んでいて、80歳にでるならうちだって...と思ったのです。でも私の電化モノ好きは父親系であって、くみこさんについては「ビデオの予約はできない」が、ワープロは少しだけやったことがある...くらいのレベルです。

1人で暮らしているくみこさんに、遠隔操作でどの程度教えられるのか心配ではありましたが、私が実家に帰ってもメールを読んだりWebサーフィンできるし...ということで、とにかくインターネットからはじめてもらうことにしました。

ここまでの道のりはいずれまたご紹介するとして、このほど中古のiBook G3/600MHzが手に入りそうなので、いよいよくみこさんにもMac OS Xに挑戦してもらうつもりです。iPhotoを使ってもらうのが目的なのですが、果たして気に入ってもらえるかどうか...。


 

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20
>>





アーカイブ

このアーカイブ中の記事