Books & Cultureのブログ記事 18 / 85
    
    




 


野呂邦暢随筆コレクション…このところ少し忙しかった反動と、hontoの期間限定10%割引クーポンがもらえたことに背中を押され、ずっと欲しい欲しいと思っていたみすず書房の野呂邦暢随筆コレクション2冊を買ってしまいました。

今はこのように、私の狭い書棚(大半の本が書棚には入らないのです)の、R&B系の本の狭間に収まっています。とにかくなんとか開けた棚の隙間に入れたので、あまり美しくありませんな。




昨年末、ビルの立ち退きに伴って閉店となった表参道の喫茶店「大坊珈琲店」の本。私家版で限定販売されたものが復刊されました。

『大坊珈琲店』特設サイト|誠文堂新光社




先日購入した夏葉社さんの新刊、庄野潤三「親子の時間」読了しました。小説に弱い私にとっては、実はあまりなじみの無い作家でありました。



「特捜部Q」は、ユッシ・エーズラ・オールスンというデンマークの作家の警察小説。最初の話からずっと読んでいてこれはシリーズの第5作になります。




カメラロール-382626日に行われた「石巻一箱古本市2014」。おかげざまで無事終了いたしました。

今年は立町商店街の中ほど、高橋茶舗(高橋園)さん前で、仙台から出店の書肆落花生さん(着物男子!)と2箱並んでの出店でした。北向きの場所で、なおかつ川風も通るので比較的涼しく、快適に過ごすことができました。





R0016489.JPG本来であれば、昨日26日(あれからまだ1日しか経っていないのか…)に行われた「石巻一箱古本市2014」の報告をするところではありますが、レポートが長編になりそうですので、もうしばらくお待ちください。

で、本日は「古書ビビビ」さんに、お取り置きをお願いしていた、待望の夏葉社さんの新刊、岡崎武志編「親子の時間 庄野潤三小説選集」を受け取ってきました。今回は夏葉社さん初の函入り!わ〜い、素敵な装丁ですよ。




シャーロック・ホームズは、小学校の図書館にあったポプラ社の児童向け(ルパンよりもホームズ派だった)からスタートし、高校の頃ぐらいまでに全部読んだと思います。考えてみれば、エラリー・クイーンとかアガサ・クリスティなどのミステリーも、高校の時に読みましたねぇ。いつ読んでたのかなぁ。

もちろんBBCの海外ドラマ「シャーロック」も、毎シリーズ楽しみにして観ています。カンバーバッチいいですよねぇ。初めて観た時はその斬新なホームズドラマに衝撃でした。

ということで、このユリイカの特集本でございます。表紙はもちろん(?)カンバーバッチ。





話には聞いていましたが、グラフ化されたデータで一目瞭然、レコードはかなりの売上の伸びなのですね。

音楽界の鍵。レコードの売上げ伸び続ける : ギズモード・ジャパン




毎号買っているムック「趣味の文具箱」の30号を買いました。タイトルは「文房具の快楽」ですが、今回も9割方万年筆のお話でありました。



石巻ヤマト屋書店にて本日は、もう何年かぶりに、石巻のヤマト屋書店TSUTAYA中里店に行く機会がありました。店頭では当然のことながら、地元が舞台の佐々涼子「紙つなげ! 彼らが本の紙を造っている」が大展開でした。 入り口を入ってすぐに大きなポスターと、著者のサイン入り色紙。さすが地元。かなりの力の入れようです。

 




アーカイブ

このアーカイブ中の記事