Books & Cultureのブログ記事 57 / 89
    
    




 


フロアガイド本好きの方々の間で噂の、西新宿にできた「ブックファースト新宿店」に行ってみました。新宿西口からもよく見える奇妙なビル「モード学園コクーンタワー」の1階縲恍n下にあります。

公式サイト → ブックファースト





問題の本創刊からコツコツ毎巻買っている「The Complete "Peanuts"」。いわゆるスヌーピーの漫画でありますが、その全てを収録するという壮大なシリーズです。都内の洋書を扱う書店で買うこともあるのですが、あくまでアメリカ本国のamazon.comとの価格(+日本への送料)の比較でどちらで買うか決めています。

最新巻の1969-1970は、プレオーダーでamazon.comに予約したのですが、さらにその前の巻(1967-1968)が出た時に、一緒に予約していたのをすっかり忘れており、発刊後2通の出荷メールが届き、ここで初めて注文がダブっていたことに気づきました。




心臓に毛が生えている理由
心臓に毛が生えている理由米原 万里

おすすめ平均
stars早世した露語名通訳、ラスト・エッセイ集
stars楽屋話、、など。
stars『嘘つきアーニャの真っ赤な真実』を読み下すために
stars米原万里ファンクラブ代表より
stars不意を突かれるユーモアが快感。

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
もう米原本はおしまいだろう...と思っていたら、こんどこそ「最後のエッセイ集」(?)として今年の春に出ていた本です。書店で何度も買いかけたのですが、今ごろになって結局買ってしまいました。そして...何度かついつい吹き出してしまったりしながら読了です。




「玉虫厨子」

| コメント(0)

ブログ巡りをしていて、今日はこのお話が気になりました。

クラフト人必見!! - 内澤旬子・空礫日記

私はクラフト人ではありませんが、虫好き人として非常に興味アリ。ぜひ見にいかなくては!と思いました。




4062150255戸塚教授の「科学入門」 E=mc2 は美しい!
戸塚 洋二
講談社 2008-10-31

by G-Tools
先月は日本人のノーベル賞受賞で沸いたところですが、その報道の中で紹介されていたのがこの1冊でした。この夏に無くなられた戸塚洋二氏ご自身のブログで書かれたものと、パソコンの中に残されていた未発表の原稿を元に出版されたものです。「ノーベル賞に最も近かった物理学者が、迫りくる死を前に伝えたかった」と帯にあり、なんだかそれだけみると悲壮感が漂いますが、内容はまったくそんなことはありません。(表紙のお写真もとてもよい表情ですね...。)




子規365日

| コメント(0)
402273227X子規365日 (朝日新書 127)
夏井 いつき
朝日新聞出版 2008-08-08

by G-Tools
昨夜は頭痛でブログも更新せずに寝てしまいました。このところの寒さで風邪気味なのかも。頭痛持ちなので、頭痛が起きるとパソコンなんて画面を見るのもいやになります。偏頭痛というよりは緊張性頭痛というやつのようで、肩凝りとセットになるんですよね...。

1日お休みしているうちにもう11月。今月の子規の一句は、ハイカラで食いしん坊だった子規らしい一句を選んでみました。最近バナナ...本当にスーパーではいつも売り切れてますね。





今日から古本の町、神田神保町で「神田古本まつり」が始まりました。

BOOK TOWN じんぼう - イベント情報 [ 2008年10月27日~11月3日 第49回 東京名物 神田古本まつり 開催 告知情報]




4104605026なぜ君は絶望と闘えたのか
門田 隆将
新潮社 2008-07-16

by G-Tools
また重い本を読んでしまいました。光市母子殺害事件について、事件発生から死刑判決が出るまでのドキュメントです。



4041846021見仏記 (角川文庫)
いとう せいこう
角川書店 1997-06

by G-Tools
以前妹が読んではまった...というのを思い出して読んだのだけれど、私もはまりそうです。とりあえず見仏記〈2〉仏友篇までを読了。



4415106455東京の美しい文房具―毎日がさりげなく華やぐ、スマートなアイテム (SEIBIDO MOOK)
成美堂出版編集部
成美堂出版 2008-09

by G-Tools
久しぶりに代々木上原の幸福書房へ行きました。

購入したのはまずこちら。久々の文具本です。


 




アーカイブ

このアーカイブ中の記事