Books & Cultureのブログ記事 73 / 85
    
    




 

リリー・フランキー PRESENTS おでんくん DVD-BOXリリー・フランキー PRESENTS おでんくん DVD-BOX
リリー・フランキー 本上まなみ 千葉千恵巳


Amazonで詳しく見る
by G-Tools
昨年末にNHKで2005年のよりぬき番組特番(追記「もう一度見たい あの番組」だったようです)を見ていて、一番衝撃を受けたのがこれ「おでんくん」。今や「東京タワー」の著者としてすっかり有名になったリリー・フランキー氏の絵本が原作。あわてて教育テレビの深夜にやっていた「おでんくん」の一挙放送も見ました。教育テレビの「天才ビットくん」の中のアニメコーナーで放映されているのだそうです。全然知りませんでした。

小学館:おでんくんweb
おでんくん アニメ公式ウェブ





散歩の達人の1月号は「本屋さんを遊ぶ!」。年末に見かけて買いそびれて今頃買って読みました。大型書店から個性派書店、今どきの古本やさんからブックオフまで...。いろんな本屋さんが紹介されています。最近は古本熱も一段落していたのですが、読んでいるうちに個性派本屋さんめぐりもしたくなりました。

第2特集は「新宿ゴールデン街案内」。私はあんまり縁がありませんけど。




飛行蜘蛛飛行蜘蛛
錦 三郎


Amazonで詳しく見る
by G-Tools
中学生ぐらいのときに、図書館でこの飛行蜘蛛の話(たぶん学研の学研中学生文庫だと思います)を読んだことがあります。これは昨年刊の本ですが、1972年の丸ノ内出版刊の本の復刻版だそうです。千駄木の往来堂で見かけて衝動買い。クモ好き(?)なので、買わずにはいられませんでした。



古田のブログ古田のブログ
古田 敦也

アスキー 2005-12-12
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
いまバッグの中に入っているのは藤沢周平の時代劇小説なのですが、スカーペッタシリーズを読んだ後で、どうも読む気がわきません。本の選択を間違いました。今日は急きょ車内で別なものを読みたくなり、フラフラ立ち寄った本屋で買ったのがこの本でした。



4004309522BC級戦犯裁判
林 博史


Amazonで詳しく見る
by G-Tools
戦後60年の少し固い戦争もの読書シリーズ最終回。A級戦犯の裁判である東京裁判は映画も見ましたし、本も読んだことはありますが、B級とC級って?というのが動機。ABCは悪い順番かと思っていたのですが、それぞれに理由がついています。

A→平和に対する罪
B→通例の戦争犯罪
C→人道に対する罪

少なくともBとCは、ランクではありませんし、場合によってはCのほうがタチが悪かったりしますし。





神の手 (上)神の手 (下)
出ました。コーンウェルのスカーペッタシリーズの最新刊です。このところ1年1作のペースで出してますね。しかもこれまた上下巻。最近は「出たら読まなくてはいけないモノ」というような義務感にかられているような気もします。

ちなみにこれまでの2作読了の際のエントリーはこちら...
now and then: コーンウェル「痕跡」読了
now and then: コーンウェル「黒蠅」

結局クリスマス前から読み始め、一気に読み終えたところなのですが、あいかわらずあまり楽しい気分にはなれないお話ですので、クリスマスの最中に読むにはあまりふさわしくなかったかも...。




4774126098やっぱり欲しい 文房具 ~ステイショナリー評論家がえらんだ普段使いの傑作たち~
土橋 正


Amazonで詳しく見る
by G-Tools
本日発売でしたので、今日は本屋さんに直行して買って帰ってきました。ステーショナリー評論家、土橋さんの文具本が発売です!私もいつもこちらのブログの文具情報を楽しみにしております。文具で楽しいひととき

表紙に並ぶ文具達を見ているだけでもなんだかうれしい気持になってきました!




4004309719吉田茂―尊皇の政治家
原 彬久


Amazonで詳しく見る
by G-Tools
ちょうど今朝の朝日新聞の書評欄でも紹介されていましたが、これも今年の戦争シリーズの締めくくりとしてちょうど読み終わったところでした。今まで私の「吉田茂」の認識は、パイプをふかしているちょっと洒落た首相...ぐらいのイメージしかありませんでした。近代史...というよりは歴史に疎いヒトなんです。

今の小泉内閣に、吉田茂の孫である麻生太郎氏が外相として就任したこともあり、固いのですがちょっと興味があったので読んでみました。




4622071487小津安二郎と戦争
田中 眞澄


Amazonで詳しく見る
by G-Tools
戦後60年ということもあって、今年は太平洋戦争関係の本をいくつか読みました。

まずはこれ、太平洋戦争中、映画監督小津安二郎も招集されて戦争に行っていたのですが、同じ映画監督であった山中貞雄が戦地で病死後、彼が残したメモが発表されたことを機に、ずっと書いていた日記(こちらも出版されていますが未読)とは別に「禁公開」として書いていたメモの内容が収録されています。前半は小津と戦争についてのお話になっています。





完訳 ファーブル昆虫記 第1巻 上 完訳 ファーブル昆虫記 第1巻 下
私にとって困った本が刊行開始です。集英社の80周年記念企画「完訳 ファーブル昆虫記」全10巻(20冊)。奥本大三郎先生が月刊「すばる」に18年間連載していたものです。今後の刊行予定をみると、第5巻がでるのは2007年。とすると10巻全部が刊行されるには5年ぐらいかかるということですね。壮大です。


 




アーカイブ

このアーカイブ中の記事