Booksのブログ記事 3 / 95
    
    




 

6月に東京に日帰りで行ったとき、神保町の本屋さんの「あちこち」でみかけてヒジョーに気になっていたのですが、その時は買うまではいたりませんでした。その後、石巻に帰ってきてからは地元の本屋さんでは全くみかけず。ネットでわざわざ買うほどでもないし…と思っていたところ、石巻 まちの本棚で借りることが出来ました!




東北大学青葉山キャンパス
仙台で用事があり、せっかく行くなら…と東北大学青葉山キャンパスに2010年にできた「Book+cafe BOOOK」に行ってきました。東北大学生協が運営するブックカフェです。

INFO 施設案内 - book+cafe BOOOK - TOHOKU UNIV. AOBAYAMA CAMPUS -





ブの20 オフで 人生散歩術 と トキワ荘青春日記 元があんまり安くなかったけど あとは家人にたのまれていた沢木耕太郎を100円コーナーで数冊 下鴨行きたいなぁ  古本近所のブックオフで開催中の本の20%オフセールに行きました。最近は本以外の品物のほうが多い店舗で、並んでいる本の半分はマンガですから、普通の本となるとさらに少なく…。最近は値段もしっかりしていて、お買い得感のある拾い物はなかなかありませんが、20%オフならいいか…と、読みたいと思っていた本を何冊か。

その後、用事があってめったに行かないイオンのショッピングモールへ。たまにはと思って未来屋書店にも寄り道しました。





下北沢の古書ビビビさんから届いた夏葉社さんの新刊 庄野潤三の本 山の上の家 です イェイ まずはカラーページを堪能してます夏葉社さんの新刊「庄野潤三の本 山の上の家」を読了。今回も下北沢の古書ビビビ(@binbinstory)さんより通信販売にて購入です。今回は庄野潤三さんの作家案内的な本。

表紙は庄野さんの涼しげな書斎の写真で、とても夏らしい雰囲気ですね。写真では音がないけれど、きっと今ごろは蝉時雨ではないのかなと思いました。




図書館の新刊コーナーから借りたもの。

実は化石などの古生物については、これまであまり関心がなかったのですが、ちょっと気になったので読んでみました。





石巻一箱古本市 開店しました  一箱古本市  石巻数日前から天気予報にやきもきしていましたが、朝から起きると外は小雨。しかし出かける頃にはなんとか雨も上がってきました。昨年に引き続き、なんとか雨が避けてくれる奇跡をねがいたいと思いながら家を出ました。

今回の出店場所、カンケイマルラボさんでは2箱のみ。スタンプラリーのスタンプも無い場所なので、お隣の石巻学プロジェクトの大島さんと2人でのんびりした感じでスタート。時々雨が少しぱらつきましたが、直前にターフを張ってくれまして、安心感がグッと増しました。





石巻一箱古本市2018さあ、あすはいよいよ第7回石巻一箱古本市であります。なにか準備を忘れているような気もしますが、まあなんとかなるでしょう。というわけで、明日はこんな箱で「カンケイマルラボ」さんの前でお待ちしております。今年はこのほかにいきものの出てくる絵本が多めです。

あとはお天気だけが心配です。なんとか雨も収まってくれるといいのですが…。





秋田県大仙市角館町一昨日、秋田の角館に行って来たのですが、2年前に行った時、シャッターが降りていたのでもう営業をしていないのかと思っていた本屋さん「カネエイ書店」が開いていたので入ってみました。





今年で第7回目の開催となる石巻一箱古本市2018。私も皆勤の7回目の出店となります。

今年は、観慶丸本店さんの向かい側、石巻 まちの本棚の1軒はさんでお隣の、カンケイマルラボさんの前での出店です。

【お知らせ】石巻一箱古本市2018 店主発表! | 石巻 まちの本棚

とにかくたくさん人が来て欲しいです。本を次の読み手に手渡ししつつ、いろいろお話できればと思っています。同じカンケイマルラボに出店するのは、石巻学プロジェクトの大島さん。石巻学は創刊から楽しませていただいていますし、ご一緒できるのも楽しみです。

ちなみに雨天決行。とにかく雨だけは降りませんように!





先日読了した「松居直と『こどものとも』」

面白かったのでこのシリーズの第1巻が読みたいと書きましたが、なんとamazonのマーケットプレイスに中古の激安品が売りに出ていました。しかもamazonでは現在新刊も在庫切れ。そのまま中古品をポチリ。

本日届きました。状態もそれほど悪くありません。古本にしては良いランク。257円で送料350円。送料のほうが高いですが、それでも607円で手に入れば御の字です。

東京あたりでしたら、どこかの古書店で見つかるかも…と探書対象にするところですが、ネットでもなんとかみつかるものですね。手元に届くまで、状態がわからないのが難点ですが。

次はこれを狙いたい。


 




アーカイブ

このアーカイブ中の記事